Quantでライターごとのパフォーマンスレポートが見えるようになりました!

ランサーズが提供するコンテンツマーケティング&クリエイターマネージメントシステム「Quant」において、ライターごとのパフォーマンスレポートが表示されるようになりました。

2016年9月21日

いつもランサーズをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
  
本日は、ランサーズが提供するコンテンツマーケティング&クリエイターマネージメントシステム「Quant」の機能についてご案内します。
 
図1

「ライター別レポート」とは

クライアント様がランサーズで執筆を依頼し納品のあった記事について、執筆したライター様ごとにパフォーマンスデータを集計して表示する機能です。
これにより、クライアント様はライター様ごとの得意ジャンルや記事の読まれ方の傾向などを知ることが可能になります。

 

Quantを申し込む >


 
▼画面イメージ
図2

「ライター別レポート」から分かること

コンテンツマーケティングで適切なPDCAを回すには、ライター様ごとの傾向値を把握することが不可欠といえます。しかし従来のWeb解析ツールではURL単位での分析に留まり、ライター様ごとの切り口で分析をすることは出来ませんでした。
 
今回リリースしたQuantの「ライター別レポート」機能を活用していただくことで、ランサーズで発注いただいたライター様の分析や比較、適切な発注ボリュームなど、メディア運営のキモとなる部分をスムーズに推し進め、速いサイクルでPDCAを回すことが可能になります。
 

Quantとは?

自社メディアのコンテンツやクリエイターのパフォーマンスを可視化でき、制作運用を通して継続的に効果改善を図ることが可能になるコンテンツマーケティング&クリエイターマネージメントシステムです。
この機能により、自社メディアのコンテンツについて、どのクリエイターの記事がどのような属性のお客様に反応が良いのかなどがわかります。
 

まだ、Quantを利用していない方へ

Quantでは、すぐにご利用いただけるFreeプランをご用意しています。
下記よりお申込みいただけますので、ぜひご利用ください。

 

Quantを申し込む >


 
今後ともランサーズをどうぞよろしくお願いいたします。