認定ランサーの皆様への発注につきまして(ランサー向け)

いつもランサーズをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。10月7日から、認定ランサー様向けの補償サービスをスタートいたしますので、以下にご案内いたします。

2015年10月7日

※本内容はランサーの皆様向けのお知らせとなります。
 クライアントとしてランサーズをご利用されている方はこちらをご参照ください。
 
いつもランサーズをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
10月7日から、認定ランサー様向けの補償サービスをスタートいたします。
 
認定ランサーの皆様にクライアント様がお仕事を依頼をされた際に、当該クライアント様が【納品物の瑕疵】や【情報漏洩】ならびに【著作権侵害】などの被害を被ったと、ランサーズ事務局にトラブルの申請し、裁判になった場合、ランサーズがその損害賠償金および裁判費用を補償するサービスです。
 
本サービスは、総合型クラウドソーシングとしては業界初の取り組みとして、ランサーズが定める認定ランサーへ発注し(一部の仕事方式を除く)万が一のトラブルに遭ってしまった場合、ランサーズおよび保険会社がその代金を負担する制度です。
 

サービス概要

 
・対象の仕事方式 :プロジェクト方式固定報酬制のみ(時給制は対象ではありません)
・対象のランサー :認定ランサーへの発注全てが対象(一般ランサーは非対象です)
・サービス料   :総依頼額に対し、2%をクライアント様に請求(10月7日から11月末まで無料です)
・開始日     :2015年10月7日14時〜

ランサーの皆様のメリット

 
・クライアント様に請求する2%のうち、0.3%(※)をランサー様にバック
・クライアント様からの発注数拡大
・報酬金額のアップ
 
 ※0.3%もしくは50円の、いずれか高い方をランサー様にバックします

ランサーズより

ランサーズでは、クラウドソーシングをクライアントの皆様にご利用いただく際に生じる「何となく不安」を解消することを目的として、より安心してお取引頂けるマーケットを目指し当該サービスをリリースいたしました。
 
他方、ランサー様がクラウドソーシングを活用するにあたっての課題としては、報酬金額をどれだけ増やしていくことができるか、だと考えております。ランサーズは会社の理念にも掲げておりますとおり、「時間と場所にとらわれない新しい働き方を創る」を目的として日々改善に努めておりまして、ランサー様の報酬を増やしていくための一つの施策としてリリースすることになりました。
 
今回は、認定ランサー様の皆様全員を対象として0.3%バックといたしましたが、これを機に認定ランサー制度、手数料、発注の方法・仕組みなどを今一度見直し、改善していきます。ランサーの皆様が獲得する報酬金額を増やすことで、多くのランサー様が「時間と場所にとらわれない新しい働き方」を実現できるよう対応して参ります。
 
突然のご連絡となってしまいましたが、今後とも、ランサーズをどうぞよろしくお願いいたします。
 

FAQ

質問1:いつの取引から適用されますか

2015年10月7日14時以降にクライアント様が依頼を作成し、認定ランサーの皆様に発注されたお取引から適用されます。
 
※例)
・2015/10/7 15:00 に依頼・発注 
 →補償適用
・2015/10/7 13:00 に依頼・発注 補償適用可否
 →補償非適用
・2015/10/7 13:00 に依頼作成 同月8日発注(選定処理など) 
 →補償非適用
・2015/10/7 13:00 に依頼作成 同月8日プロジェクト計画追加
 →補償非適用 
 

質問2:全ての取引が対象になりますか

対象は、プロジェクト方式(固定報酬制)、且つ認定ランサー様に発注した場合に限ります。それ以外の方式や認定ランサー以外の方に発注した場合は、現状としては対象外です。
 

質問3:どのような取引になった場合に、ランサーズが商品代金を負担するのでしょうか?

クライアント様がトラブルに遭ったと判断し、裁判所に対し損害賠償請求を行った場合です。その後、事実確認の上でランサーズおよび保険会社が商品代金を負担すべきと認めた場合に限り、損害賠償額および訴訟費用が負担されます。
 

質問4:ランサーズや保険会社が訴訟金額・損害賠償金額を負担すると判断した場合、報酬代金は支払われないのでしょうか

当該事案を確認し、報酬代金を支払うことが妥当だと判断した場合には、お支払いをさせていただきます。
 

質問5:ランサーズや保険会社が商品代金を負担すると判断したケースが複数回生じた場合、ランサー活動に影響はありますか

ランサーズや保険会社が商品代金を負担すると複数回判断されたランサー様につきましては、利用規約に基づきまして対応をさせていただく場合もございます。
そのため、損害賠償請求に至るようなトラブル・取引にならないよう取引の対応は慎重にご対応いただけますようお願いいたします。
 

質問6:認定ランサーへの発注が減ってしまうのではありませんか

ランサーズとしては、以下2点から発注が減ることなく、増加すると考えております。
 
1.当該サービスがリリースされたことによる、新規クライアントの登録・依頼増加を想定
   
  クライアント様へのアンケート調査結果、初回利用時に「個人のランサーに対して依頼するのは何となく
  不安」と感じる方が多いという事実があり、今回の補償サービスで初回依頼のハードルを落とす事を実現し、
  結果認定ランサーの皆様への発注が増加すると考えております。
  
2.クライアント様が発注する決め手となるのは、必ずしも提案金額だけではありません。クライアント様への
  アンケート結果、ランサー様への評価基準は以下の項目でございました。
  ・提案内容
  ・コミュニケーション方法
  ・実績
  ・本人確認の有無
  もちろん金額も重要ですが、指名料2.0%があることで発注が低減する可能性は低いと考えています。
 

質問7 :クライアントから、言われのないクレームを受けてサービス利用を申請された場合、どうするんですか?

お取引の経緯や、ランサー様、クライアント様双方の状況を伺った上で、判断させていただきます。その際に、以下のお願いがございます。
 
ランサー様、クライアント様、双方ランサーズ上でやり取りをお願いいたします。他社サービスをご利用し、
コミュニケ−ションをとられますと、ランサーズ及び保険会社で判断することができません。
場合によって、納品物の提出をお願いする可能性もございますので、その際にはご協力をお願いいたします。
 
※補足
同じクライアント様から複数回に渡って申請がなされている場合は、当該クライアント様に個別に事情を
確認いたします。その上で、万が一不正が発覚した場合等には、本制度の利用非承認や規約に則った厳正な
措置をとらせていただきます。
 

質問8:なぜ、0.3%をバックするのか?なぜ、0.3%なのでしょうか?

ランサーズではランサーの皆様の報酬をどうやって増やしていくかが課題であると考えております。
 
今回は、認定ランサー様の皆様全員を対象として、一旦0.3%と決めてバックさせていただくと判断いたしましたが、今回のリリースを機に認定ランサー制度、手数料、発注の方法・仕組みなどをトータルで考え、改善していくことで、ランサーの皆様が獲得する報酬金額を増やし、ご利用いただくランサー様に「時間と場所にとらわれない新しい働き方」を実現できるよう対応して参ります。(※詳細をお伝えすることはできません。あらかじめご了承ください。)
 

質問9:認定ランサーは補償されないのでしょうか?

補償自体はされませんが、仮にクライアント様が損害賠償訴訟を起こされて、ランサー様が損害賠償請求を受けた場合には、今回の補償で守られます。
 
例)クライアント様が50,000円のロゴ制作を認定ランサー様に依頼し、成果物を納品

クライアント様が上記納品物を使用した際に、第三者から【弊社とロゴが似ている】訴えられ、社会的損失をクライアント様が被ったとします。当該社会的損失の損害金額を100万円と仮定し、クライアント様が発注したランサー様に100万円請求したと仮定した場合、この時、ランサーズが補償でランサー様を守ります。
 

質問9:損害賠償訴訟とは?

クライアント様が、成果物に瑕疵ならびに情報漏洩などの問題を認識し、裁判所に訴訟を起こすことです。
 

質問10:いつ補償されるのでしょうか?

クライアント様が損害賠償請求を起こし、クライアント様が損害額の証明をした後になります(審査などの関係から、数週間から数ヶ月かかることがあります)
 

質問11:クライアント様が申請をしたら確実に補償されるのでしょうか?

保険会社の審査によっては補償されないケースがあります。
 

質問12:クライアント様から損害請求をおこされたら?

まずは、ランサーズにご連絡ください。私どもより保険会社に通知致します。その後、保険会社より経緯などご連絡を差し上げます。