「支払調書」機能で区分ごとに金額がまとめられるようになりました

2021年2月5日

いつもランサーズをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 

2020年5月にリリース した「支払調書」機能で、2020年分の支払調書も発行できるようになりました。また、仕訳の区分ごとに行を簡素にまとめることができるようになりました。

確定申告の際に、必要に応じてご活用ください。

 

本機能の利用対象者

クライアント:

以下どちらかで、前年(2020年)に源泉徴収ありでのお仕事を発注した方
Enterprise Entry または Enterprise プランにお申込み後、弊社審査を通過した法人
・(追加)プロフィールにて「法人」として登録されており、 認証済み の法人

 

ランサー(受注者):

ご自身が本人確認申請を行い、源泉徴収ありの仕事を受注した方

 

2020年の支払調書が発行できるようになりました

支払調書一覧 にて、2020を選択すると、2020年の利用分が発行できます。
2019年分を選択することで、切り替えられます。

 

 

仕訳の「区分」ごとに行をまとめることができるようになりました

発行時に、同一の「細目」と「区分」はまとめられて合算された支払い調書PDFが発行されます。

 

まとめたくない場合は、
同じ「区分」名も「細目」の内容を個別の仕事内容などを入力するとまとめられず一行になります

例:細目を全て空白にした場合、同一の区分でまとめられます


 

また、まとめられる前の「細目」ごとに詳細を知りたい場合は、発行後に画面にて支払明細csvをダウンロードすることも可能です。

 

支払調書機能のご利用方法・手順

ランサーの皆さまへ

ご自身では発行できませんので、クライアントに発行依頼をしていただきますようお願いします。

 

詳細の手順は以下のFAQも合わせてご確認ください。

ランサー向け:支払調書発行をクライアントに依頼する方法を教えてください
クライアント向け:支払調書を発行する方法を教えてください

 

注意点

本機能の支払調書は、一般的な雛形を参考にプラットフォームとして提供しているものです。クライアントに源泉徴収を行う義務があります。支払調書はランサーへの発行義務はございません。

実際に作成すべき支払調書は、税理士等の専門家などにご相談の上、個々の取引において自己の責任で作成をお願いします。

 

引き続きランサーズをどうぞよろしくお願いいたします。