【経営効率化支援金付】「地方×DX 支援プロジェクト」参加企業を募集します(クライアント向け)

2021年4月26日

地方×DX

いつもランサーズをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 
地方企業のDX化(経営効率化)を支援するプロジェクトを行います。対象となる企業はご応募可能(選考があります)ですので、下記詳細をご覧ください。
 
▶いますぐ応募するなら こちら
▶まずは説明会に参加するなら こちら
 
 

取り組みの背景

東京をはじめ首都圏集中化がそもそも進む中、昨年コロナが発生しました。それに伴い、地方企業は一層困難な状況になっています。経営改善のためにDX化の必要性が叫ばれていますが「実際、どうしたらいいのか…」という企業の声は後を絶ちません。にも関わらず具体的な支援策も世間では見当たりません。
 
そこで今回、ランサーズ社は独自のプログラムを用意し、地方の中小企業を徹底的に支援することに決めました。
 
ランサーズの利用経験頻度は不問です。このプロジェクトを通じてロールモデル企業を生み出し、多くの実は魅力的な何かを持つ地方の企業が「自分たちも頑張れそうだ!」というキッカケづくりを目指します。
 
 

支援概要

・DX支援金100万円のご提供
・DX支援策100日間ソリューション
 
を行います。
 
社内外コミュニケーションや情報管理等のオンライン化、固定費の流動化や人材調達の柔軟化による経営効率化をバックアップします。
 
 

募集概要

今回の支援プロジェクトの募集対象や選定条件は以下のとおりです。
 
【募集対象】
所在:地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪以外)
規模:従業員100名未満程度
業種:製造業、旅行関連業、飲食関連業、農林水産業など(必須ではありません)
 
【選定条件】
・DX化を本気でやり遂げたい意思があり、経営陣が自らプロジェクトに参加する
・PLや組織図など、通常であれば機密にあたる情報を開示いただく(公表はしません。あくまでDX化コンサルのためです)
・ランサーズとの週次定例ミーティングを実施いただく
・プロジェクト終了後、事例化や取材にご協力いただく
・将来的に、同じ地域で困っている企業にノウハウを提供いただく意志がある
 
冒頭でご説明のとおり、ロールモデル企業を生み出し「地域活性」の起爆剤にするのがプロジェクトの想いです。そのためにも、取り組んだことを事例としてみせていくことにご協力いただきたく存じます。事例化する内容に関しては相談させていただきながら進めます。貴社の守秘領域は守りますのでご安心ください。
 
【こんな企業からの応募をお待ちしております】
「インターネットが大事なのは感じている。でもどうしたらいいか分からない」
「採用が難しい。地域は人材難(だと思っている)」
「事業を成長させ、自社を筆頭に、地域も盛り上げたい」
 
▶いますぐ応募するなら こちら
▶まずは説明会に参加するなら こちら
 
 

今後のスケジュール(予定)

4/25/応募受付開始
5/10/説明会
5月中旬~/選考(場合により面談をお願いします)
5月末/3社決定(ランサーズ社が選定します。選定基準は開示できないこと予めご了承ください)
6月上旬/キックオフ合宿
~DX化推進~
9月/プロジェクト発表会
※キックオフ合宿の場所は未定ですが、移動費・宿泊費は支援金から捻出可能です(国内です)
※その後、定例ミーティングなどを実施し、DX化を進めていきます
 
 

当プロジェクトの担当

negishi
ランサーズ株式会社
CEvO(チーフエバンジェリストオフィサー)
根岸泰之
 
▼略歴
・フリーランスとしてキャリアをスタート。
・人材企業(東証一部上場)にて、制作支社長、プロモーション本部長を歴任。
・ランサーズ取締役CMOを経て、現在CEvO
・登壇関連/開志専門職大学特別講師、グロービス経済大学院共催セミナー、マーケティング関連カンファレンス多数
・受賞/一般社団法人 at will work主催「Work Story Award 2018」にて「社会システムを変革する賞」
 
「インターネット黎明期からネットマーケティング・Webプロモーションを手掛けてきました。ネットバブル期もリーマンショックやコロナも経験。予算のある上場企業から、あまりない創業ベンチャーまで幅広く経験。また、前職は人材系企業だったため、約5000社の中身を拝見してきました。その会社の文化や慣習にも合わせてご支援できるよう努めます。一緒に頑張っていきましょう」
 
▶いますぐ応募するなら こちら
▶まずは説明会に参加するなら こちら