【2020年6月8日より適用】依頼作成時に設定できる「提案者制限」の利用には「認証済み」の条件を満たすことが必要になります(クライアント向け)

2020年5月15日

いつもランサーズをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 

4月13日の お知らせ にて、「提案者制限」の利用には「認証済み」の条件を満たすことが必要となる変更時期を「2020年5月14日頃」とお伝えしておりましたが、特定地域での緊急事態宣言が延長する見通しから、クライアント様の事業への影響を考慮し、変更時期を延期しました。

変更時期は「2020年6月8日頃」とさせていただきます。

 

 

 

<以下、4月13日のお知らせ>

 

ランサーズでは、安心してお仕事を受発注できる場を提供するために、クライアント・ランサー双方の可視化を進めてまいりました。
これまで、各仕事依頼へのランサー様からの提案条件を制限する「提案者制限」は、誰でも設定可能でしたが、「認証済み」のクライアント様が増加したことから、「提案者制限」を利用いただく際には「認証済み」の条件を満たすことを必要とする変更を行いますのでお知らせいたします。

 

まだ「認証済み」クライアントとして認証いただいていないクライアント様で、「提案者制限」の設定をする方は、お手数ですが 認証手続き をお願いいたします。

 

変更詳細

 

変更点

従来:誰でも、ランサーズチェック / 評価が+以上 / 特定のユーザー指定 / 本人確認済(*1) / 機密保持確認済(*1*2)/タスク承認率(*2)/ライティングスキルテスト合格済み(*2) の提案者制限を設定可能

 

今後: 認証済み」クライアント のみ、ランサーズチェック / 評価が+以上 / 特定のユーザー指定 / 本人確認済(*1) / 機密保持確認済(*1*2)/タスク承認率(*2)/ライティングスキルテスト合格済み(*2) の提案者制限を設定可能

 

▼未認証の場合の表示

 

 

▼「認証済み」となったクライアント様は、提案者制限が設定可能

 

(*1)法人アカウントサービスご利用の方は、「本人確認済」の箇所の表示が添付画像と異なります。
(*2)特定の仕事カテゴリのみ提案者制限を設定できます

 

 

変更時期

2020年6月8日頃を予定

 

認証クライアントの手続きをするにあたり本人確認書類の提出等が必要となります。現在、特定地域において緊急事態宣言が発出されていることを考慮し、緊急事態宣言の期間後を変更時期とさせていただいております。現時点でお手続きが可能なクライアント様は早めに実施いただければ幸いです。

 

今後の緊急事態宣言の期間延長によっては、時期を延長することもございます。その際は本お知らせへの追記にてお知らせいたします。

 

「認証済み」とは

ご自身の認証状態は 認証状況確認ページ で確認できます。

 

認証済みのクライアント様は特別なバッジがプロフィール画面に表示されます。
認証済みのクライアント様の仕事依頼は安心して提案できることがわかりやすくなるため、ランサー様から質の高い提案が集まりやすくなります。

 

認証済みの条件

全ての条件を満たした瞬間に「認証済み」となります。

 

■各種認証情報

本人確認 が済んでいる
電話確認 が済んでいる
秘密保持確認 が済んでいる
・クライアント版の ランサーズチェック に回答している

 

■プロフィール情報の拡充

・プロフィール写真の設定
・プロフィール内の自己紹介文章200文字以上の入力
・法人の場合、会社情報3項目以上公開(業種/資本金/従業員数/代表者名/事業内容/所在地住所)

 

「認証済み」にまつわるよくある質問 も合わせてご覧ください。

 

背景

以下の背景から、今回の変更にいたりました。

 

・「特定のユーザー」指定で大量ユーザーに告知として使う、提案者制限機能の目的とは異なった使い方があった
・本人確認済みの方やランサーズチェック通過済みの身元が明らかなランサー様に提案者を限定するのと同様に、身元が明らかなクライアント様とのマッチングを進めるため

 

ランサーズは、オンラインでのお仕事発注が健全に発展していくことを目指しています。適切なマッチングのため、何卒ご理解をいただけますと幸いです。
今後も継続してモニタリング・改善を進めて参ります。

 

引き続きランサーズをどうぞよろしくお願いいたします。