特別な申込をしなくても、源泉徴収・下請法対応機能を利用することができるようになりました

2020年9月24日

いつもランサーズをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 

これまで、法人アカウントサービスにお申し込みいただいたクライアントにのみ提供していた「源泉徴収機能」、「下請法対応機能」について、ご利用いただけるクライアントの範囲が広がりました。また、お仕事ごとに利用の有無を選択できるようになります。

利用できるクライアントの範囲が広がりました

下請法対応機能

■今まで
法人アカウントサービス にお申込み後、弊社審査を通過した法人に自動適用

 

■2020年9月24日以降

以下どちらかであれば、仕事ごとに利用の有無を選択できます
法人アカウントサービス にお申込み後、弊社審査を通過した法人
・(追加)プロフィールにて「法人」として登録されている法人

 

源泉徴収機能

■今まで
法人アカウントサービス にお申込み後、弊社審査を通過した法人

 

■2020年9月24日以降

以下どちらかであれば、仕事ごとに利用の有無を選択できます

法人アカウントサービス にお申込み後、弊社審査を通過した法人
・(追加)プロフィールにて「法人」として登録されており、認証済み の法人

 

※ランサーの対象範囲は、変更ありません。
本人確認済み機密保持確認済み・国内在住・チーム以外の条件のランサーが源泉徴収に対応した仕事を受注可能)

 

下請法対応機能とは

下請法対応のお知らせ の通り、下請法対象の仕事では所定の義務がございます。下請法適用対象外のお客様もコンプライアンス観点から利用していただくことを推奨しています。
下請法対応機能を利用すると、三条書面の作成発行・支払い期日を定めることが可能です。

 

※下請法の対象かどうかは、公正取引委員会のサイト をご覧いただき、ご自身の企業の法務担当者に確認をお願いします。

 

クライアントが下請法対応を選択する箇所

以前は法人アカウントサービス申込の方は自動適用でしたが、依頼フォームで仕事ごとに下請法対応を選択できます。

 

下請法対応された仕事について

・依頼フォームで設定した「検収完了日」に自動で支払い確定がされます。
・マイページの仕事一覧から発注確認書のダウンロードが可能です。

 

源泉徴収機能とは

源泉徴収対応のお知らせ の通り、源泉徴収対象の仕事では報酬から所得税を徴収して、国に納付する制度がございます。
源泉徴収機能を利用すると、源泉徴収分を差し引いた金額をランサーに支払うことができます。

 

※源泉徴収の対象かどうかは、国税庁のサイト をご覧いただき、ご自身の企業の税務担当者に確認をお願いします。

 

クライアントが源泉徴収対応を選択する箇所

依頼フォームで仕事ごとに源泉徴収対応を選択できます。
下請法対応と異なり 認証クライアント のみご利用可能です。

 

 

源泉徴収対応された仕事について

・依頼フォームだけでなく、提案、支払い確定時の場面でも、源泉徴収税を差し引いた金額で表示がされます。
・源泉徴収一覧にて、源泉徴収した仕事一覧と源泉徴収相手のランサーの住所氏名が表示されます。源泉徴収にまつわる業務にお役立てください。
支払調書の控え一覧 にて、年間5万円以上の源泉徴収機能利用の仕事をしたランサーに対し、まとめて支払調書の控えを発行できます。法定調書作成の参考や、ランサーの確定申告時に要望があった場合にご利用ください。

 

背景

今までランサーズでは一部のクライアントのみに源泉徴収・下請法対応の機能を提供しておりました。一方で法令遵守のために全ての法人対象者にご利用していただくことが重要と判断し、ご利用可能な範囲を広めました。
 
ランサーズは、オンラインでのお仕事発注が健全に発展していくことを目指しています。
引き続きランサーズをどうぞよろしくお願いいたします。